SEO対策 株式会社ディーボ

SEO対策 サービスのdevo

SEOキーワードツール「キーワードファインダー」のコンテンツ分析機能を追加! ~上位サイトの目次・上位化に不足しているキーワードが確認できる~

2019/02/27

SEO対策サービスの開発・販売を行っている株式会社ディーボ(札幌市、代表取締役社長:藤沢 竜志、以下:ディーボ)の「キーワードファインダー」( https://keywordfinder.jp )は、コンテンツ制作に役立つキーワードを簡単に見つけるSEOキーワードツールです。2019年2月27日、キーワードファインダーに新しく「コンテンツ分析機能β版」を追加しリリースしました。

SEO対策で上位表示を目指す際に、良質なコンテンツの作成が欠かせません。

SEO担当者は、良質なコンテンツを作成するために、検索ユーザーに的確な情報を、的確な量でまとめたコンテンツ作成を意識する必要があります。

今回リリースした「コンテンツ分析機能β版」は、上位表示されているコンテンツをあらゆる傾向から分析し、良質なコンテンツ作成の補助を行います。以下が確認できる内容です。

1)コンテンツ傾向を確認できる

検索エンジンに評価されているページの目次を確認するため、どのような話題を扱うコンテンツが評価される傾向にあるかを確認することができます。

2)不足しているコンテンツを確認できる

検索エンジンに評価されているページの共起語句を重要度順に確認できるとともに、対策ページ内に含まれているかを○×で判定しますので、不足しているコンテンツ内容を簡単に確認できます。

3)リアルタイムで作成したコンテンツの評価ができる

エディター機能を利用することで、作成したコンテンツに対し、上位化に必要な共起語、目次構成になっているかをリアルタイムで確認できます。
作成したコンテンツをサイト上にUPする前にSEO調整を行うことが可能です。

コンテンツ分析機能β版は、良質なコンテンツをより効率的に作成することを目指しています。今後もお客様の声を反映し、より有益なSEOキーワードツールへ改良を図ってまいります。 1週間の無料体験版も用意しております。

SEO対策・コンテンツマーケティングには、キーワードファインダーをぜひご検討ください。

■コンテンツ分析機能β版(一部)

■SEOキーワードツール「キーワードファインダー」とは

  • (not provided)で見えなかった流入キーワードが分かる
  • CVにつながった、CVが見込めるキーワードが分かる
  • 対策キーワード候補を自動で取得!
  • キーワードの月間検索数(ボリューム)、難易度、関連度などを自動で取得!
  • ロングテールも自動で取得!
  • 管理キーワード設定を行えばGoogle、Yahooの毎日の検索順位を自動取得!
  • 競合サイトの順位も自動で取得するので比較しやすい!

SEO対策についてお困りですか?

SEO対策についてのお悩みはそのサイトによって様々です。そしてその解決法もさまざまです。
あなたのサイト状況を確認し、必要なSEO対策をご案内します。ぜひ一度ご相談ください。

お問合せフォーム
ページの先頭へ